ホエイプロテインとカゼインプロテインを混ぜるメリットについて!

この記事では、「ホエイプロテインとカゼインプロテインを混ぜるメリット」についてご紹介します!

僕は、

「格闘家??」とよく聞かれた88kgぐらい時代からダイエットを開始し、筋トレをはじめて4年目でゴールドジム通販公式サイトで購入した筋トレグッズを使って筋トレしています!

筋トレで買い揃えるべきおすすめグッズまとめ!【筋トレ、ヨガ、プロテインやサプリも詳しく解説】

 

こうへい

現在は、身長175cm、68kg、体脂肪率一桁です(‘ω’)ノ)

色々なダイエットで20kg弱痩せていて、ゴールドジムにも通っています☝

 

 

こんな感じ☝

 

フォロー喜びます!!(^^)! フォロー喜びます!!(^^)!

ホエイプロテインとカゼインプロテインを混ぜるメリット

皆さんもご存じかと思われますが、ホエイもカゼインも牛乳を原料としたプロテインで、両方とも母乳にも含まれています☝

牛乳中の約8割がカゼイン、約2割がホエイ、母乳中の約4割がカゼイン、6割がホエイ。

 

こうへい

ホエイプロテインはたんぱく質効率(MER)が大豆や卵よりも、はるかに優れていると言われています。

ホエイプロテインとカゼインプロテインの大きな違いは、吸収速度にあります。

 

・ホエイプロテイン⇒摂取後、1時間~3.5時間後の間で筋肉合成率が高い

・カゼインプロテイン⇒摂取後、3.5時間後~6時間後の間で筋肉合成率が高い

ゴールデンタイムの定義もどんどん変わってきていますが、トレーニング後2時間以内にアナボリズムが最も高まるとすれば、トレーニング後のプロテインはホエイプロテインが向いていることになります!(^^)!

 

 

もう皆さんお分かりかと思いますが、ホエイプロテインとカゼインプロテインを混ぜるメリットとすれば、

「長時間に渡って、体の筋肉合成率を高められる」

ということトレーニング後、1時間~3.5時間はホエイプロテインが、3.5時間~6時間はカゼインが、筋原線維にアミノ酸やBCAAを供給してくれます!

 

こうへい

なのでカゼインプロテイン単体なら、トレーニングの休息日や、次の食事まで時間が空く就寝前に飲むことがおすすめされています☝

 

僕はこの「長時間に渡って、アナボリズムを高めてくれる」という点に重きを置いて、トレーニング当初から食事で明らかにたんぱく質が足りない時やトレーニングから食事まで時間が空いてしまう時は

 

ゴールドジムのホエイ&カゼインダブルプロテインを飲んでいます!

 

ホエイ&カゼインダブルプロテインは、ホエイプロテイン(内、3割はCFMプロテインという高品質のホエイたんぱく)とカゼインプロテインが1:1の割合で配合されていて、

 

トレーニング直後はホエイプロテインが筋肉合成率を高め、その後はカゼインが長時間に渡って筋肉合成率を高めるというタイムリリースの効果を期待したプロテインです!

こうへい

「長時間に渡って、筋肉合成を高めてくれるってお得じゃない??」

という大阪人根性から、僕はずっとホエイ&カゼインプロテインを飲んでいます⤴⤴

筋肉合成だけ考えると、ホエイプロテインが一番吸収効率がいいと言われているのですが、ホエイやカゼインに含まれるアミノ酸やBCAAというのは疲労回復や、代謝促進にも効果的ですから僕は長時間の有効性の方を取っています!(^^)!

 

ホエイ&カゼインプロテインを

ゴールドジム通販公式サイトで見る✊

 

この通販サイトにも、カゼインの有効性について書かれたPDFもあるので見てみてくださいね!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です